調理の盲点、塩ラーメンの呪い

この記事は1分で読めます

08564f3e2eb49174cd166ab8c615d960_s塩ラーメンの美味しいお店に行って来ました。
本当に美味しいラーメン屋さんなんです。

夫婦でお店に入って塩ラーメンを注文します。
私はちょっと奮発して塩五目ラーメン。^^;

しばらくするとラーメンが出てきました。
さっそく、頂きます。

あれ?なんか変だぞ???
スープの色はいつものちょっと透明かかった白色。でも、味がなんか変だぞ?
味がしない。。。。。

レンゲでスープの味を再度確かめる。出汁は出てるけど、塩味がしない。

「あれ?舌が変なのかな?風邪でもひいてたかな」

妻に確認するといつもと同じ味だという。

「完全に味覚が狂ったな。最近忙しかったし」

ということで塩を多めにふりかけて食べる。

「うーん、味がしない」

「ちょっと食べさせて!」と妻の塩ラーメンのスープを飲んでみると。。。

「いつもの味だ!!!」 (゜o゜;

「味覚は狂っていない!」

 

ということは、

 

「すみませーん、このラーメン、味がしないんですけど」

と店員さんにすぐに声をかけると。。。

「えっ!すみません。すぐに取り替えます!」

と、すぐに、食べかけのラーメンを下げて行きました。

原因を確認することもなく、すぐに作り直すって、それにもびっくりデス。

あらためて塩五目ラーメンが登場!

今度は美味しくいただきました。(^^)

その後、調理された方が謝罪にきました。かなり高齢な方でした。

なんでも、塩ラーメンは色がスープの色とほとんど変わらないので、味付けをしていないことに気づかす忘れてしまったらしい。
醤油や味噌ラーメンでは、このような間違いは無いそうです。
これ塩ラーメンの盲点ですな。違った意味で難しいぞ、塩ラーメン!^^;

20150618_063045000_iOS

おまけでソフトクリームを二人分サービスしてくれました。

ちょっと得した気分でしたが、「自分の味覚がついに狂ったか」とさすがに焦りました。^^;

プロの調理人でも間違う塩ラーメン。こんなこともあるんですね。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。